人気ブログランキング | 話題のタグを見る

池内整形外科のブログ

by ikeuchi3332

五十肩って?



中高年になると、特に原因もないのに肩の痛みや不快感を感じたり、動きが悪くなったりすることがあります。

このような症状は、いわゆる五十肩(肩関節周囲炎)とよばれるもので40歳~60歳代の方に多くみられます。

五十肩は加齢によって肩関節の周囲の様々な組織が炎症を起こす、いわば肩の老化現象です。

1~2年で自然に治る事もありますが、適切な治療をすることで症状を早く改善する事が出来ます。

当院では、急性期、慢性期に応じて適切な治療を提供しています。

遠慮なく、ご相談ください♪




# by ikeuchi3332 | 2011-03-20 14:03 | 医院だより

腰痛の原因。。。



人間の背骨はゆるいS字状になっています。

この構造がくずれた時、負担にたえられなくなった時に腰痛が起こります。

腰痛と一言で言っても症状も原因も様々です。

安静にしていれば痛まない腰痛、動いている方が気にならない腰痛、突然襲ってくる腰痛、いつもズキズキ痛む腰痛など、腰痛にも様々な種類があります。

またいったん治まったと思っても、その痛みはいつぶりかえすかわかりません。

そして、原因も色々。  筋肉の疲労、骨の変形、先天性、運動不足からくる筋肉の衰え、内臓疾患が原因のもの、、老化によるものなど限りなくあります。

骨や筋肉など、整形外科的な要因から生じる腰痛は、生活の中での正しい対処の仕方で予防出来たり、腰痛になった時でも軽くする事が出来ます。

当院では、症状や原因によって、様々な専門的な治療がおこなわれています。

消炎鎮痛剤などのお薬の治療、痛みをやわらげる注射の治療、コルセットなどの装具の治療、牽引などのリハビリの治療などです。


どうぞ、遠慮なくご相談下さいませ♪



# by ikeuchi3332 | 2011-03-10 20:34 | 医院だより

ヒアルロン酸注射。。。



ヒアルロン酸は、もともと体内に含まれる成分です。

加齢とともに、からだのヒアルロン酸は、減少していきます。

膝の変形は年齢の変化や様々な負担により膝の内側の軟骨がすり減って起こります。

軟骨がすり減ると、関節炎を起こし、痛みを生じます。また、進行すると骨がすり減り始め激痛に変わります。

中高年以上の方におこる関節の痛みの原因の一つに、ヒアルロン酸などの関節成分の減少があります。

関節の痛みに対する治療には、痛み止めの内服薬や貼り薬などがありますが、このほかによく使われる 治療として、膝や肩の関節に注射を行う方法があります。

ヒアルロン酸注射の効果は、関節の痛みを抑え、炎症を抑え、関節の動きをよくしてくれます。

お悩みの方は、ご遠慮なくご相談くださいませ♪



# by ikeuchi3332 | 2011-03-10 11:20 | 医院だより